サーバ連携方法

Rhodesクライアントアプリからサーバ連携を行う方法を説明します。
RhodesはMySQLやOracle等のデータベースに直接接続する事が出来ません。
Rhodeでサーバ連携を行うには、仲介役となるWebアプリケーションを用意し、JSONやXMLフォーマットを用いて、 間接的にデータベースと接続します。

以下の図では、サーバ連携方法について説明しています。

サーバ連携方法

解説

  1. RhodesクライアントからWebアプリケーションへJSON形式または、XML形式リクエストを送信しています。
  2. Webアプリケーションからデータベースへクエリを送っています。
  3. データベースからWebアプリケーションへクエリの実行結果が返されます。
  4. WebアプリケーションからRhodesクライアントへ、JSON形式または、XML形式でデータを返します。
システム工房エムのサイトへのリンク

住所〒690-0017 島根県松江市西津田3-2-3 TEL.0852-23-8590 FAX.0852-23-8591
Copyright 2008-2010 System Maker M,All right reserved