第8項. 各テクノロジーを操作する(ISO-DEP編)

ここでは、ISO-DEPテクノロジーを操作する機能について説明をします。

 1. ISO-DEPタグからHi-Layer-Responseを取得する

ISO-DEPタグからHi-Layer-Responseを取得するには、Rho::NFCTagTechnology_IsoDep::get_hi_layer_responseメソッドを使用します。

 

Rho::NFCTagTechnology_IsoDep.get_hi_layer_response  #=> Array

 

 2. ISO-DEPタグからHistorical-Bytesを取得する

ISO-DEPタグからHistorical-Bytesを取得するには、Rho::NFCTagTechnology_IsoDep::get_historical_bytesメソッドを使用します。

 

Rho::NFCTagTechnology_IsoDep.get_historical_bytes  #=> Array

 

 3. ISO-DEPタグにタイムアウトをセットする

ISO-DEPタグにタイムアウトをセットするには、Rho::NFCTagTechnology_IsoDep::set_timeoutメソッドを使用します。

 

Rho::NFCTagTechnology_IsoDep.get_historical_bytes(Int)


Intには数字が入ります。

 

 4. ISO-DEPタグにコマンドを送信する

ISO-DEPタグにコマンドを送信するには、Rho::NFCTagTechnology_IsoDep::transceiveメソッドを使用します。

 

Rho::NFCTagTechnology_IsoDep.transceive(array)  #=> Array


arrayにはコマンドのバイト配列が入ります。

システム工房エムのサイトへのリンク

住所〒690-0017 島根県松江市西津田3-2-3 TEL.0852-23-8590 FAX.0852-23-8591
Copyright 2008-2010 System Maker M,All right reserved