第10項. Date/Time APIを使用する

Date/Time APIはユーザが日付または時刻を選択することができるAPIです。

 

 1. DateTimePickerを使用する。


DateTimePickerの使用方法を説明します。

 

DateTimePicker.choose(callback, title, initial_time, fmt, opaque)

 

callback には時刻の選択後に、呼ばれるコールバック先を設定します。
titleにはDateTImePickerのタイトルを設定します。
initial_timeにはDateTImePickerの初期表示の時間をTimeオブジェクトで指定します。
fmtは以下の値を設定することができます。

 

  • ● 0 ・すべての日付と時刻の入力フィールドを表示します。
  • ● 1 ・日付の入力フィールドを表示します。
  • ● 2 ・時間の入力フィールドを表示します。


opaqueは調査中

 

ユーザが「OK」もしくは「キャンセル」を選択すると、指定したコールバック先が呼び出されます。コールバック先では以下のパラメータを取得することができます。

 

  • ● “status” - DateTimePickerを使用した結果が返る。返ってくる値は以下とする。
    • ・“ok” - OKを押下したとき。
    • ・“cancel” - キャンセルボタンを押下したとき。
  • ● “result” - 選択した時間の値が入っています。Time.atメソッドを使用してTimeオブジェクトにすることができます。”status”の値が”cancel”の場合、”result”には値が入りません。
  • ● “user_data” - 調査中

 

現在は、Android,iPhone,BlackBerryをサポートしている。

 2. DateTimePickerを使用する。(入力範囲指定)


入力範囲を指定して日付時刻を選択する方法を説明します。

 

DateTimePicker.choose_with_range(callback, title, initial_time, fmt, user_data. min, max)


callback には時刻の選択後に、呼ばれるコールバック先を設定します。
titleにはDateTImePickerのタイトルを設定します。
initial_timeにはDateTImePickerの初期表示の時間をTimeオブジェクトで指定します。
fmtは以下の値を設定することができます。

 

  • ● 0 ・すべての日付と時刻の入力フィールドを表示します。
  • ● 1 ・日付の入力フィールドを表示します。
  • ● 2 ・時間の入力フィールドを表示します。


user_data ・調査中


min ・入力範囲の最小値を設定します。(Timeオブジェクト)
max ・入力範囲の最大値をを設定します。(Timeオブジェクト)

 

ユーザが「OK」もしくは「キャンセル」を選択すると、指定したコールバック先が呼び出されます。コールバック先では以下のパラメータを取得することができます。

 

  • ● “status” - DateTimePickerを使用した結果が返る。返ってくる値は以下とする。
    • ・“ok” - OKを押下したとき。
    • ・“cancel” - キャンセルボタンを押下したとき。
  • ● “result” - 選択した時間の値が入っています。Time.atメソッドを使用してTimeオブジェクトにすることができます。”status”の値が”cancel”の場合、”result”には値が入りません。
  • ● “user_data” - 調査中

 

 3. AjaxによるDateTimePickerを使用する。(iOSのみ)


Ajaxの利用による時間選択の方法を説明します。

 

DataTimePicker.set_change_value_callback(callback)


このメソッドをchooseメソッドの前に呼び出し、コールバックを設定しておきます。
コールバックはユーザーが時間を決定、変更、キャンセルした時にリアルタイムで呼ばれます。

コールバック先では以下のパラメータを取得する事が出来ます。

 

  • ● “status” - DateTimePickerを使用した結果が返る。返ってくる値は以下とする。
    • ・“ok” - OKを押下したとき。
    • ・“cancel” - キャンセルボタンを押下したとき。
    • ・“change” - ユーザーが時間を変更したとき
  • ● “result” - 選択した時間の値が入っています。Time.atメソッドを使用してTimeオブジェクトにすることができます。”status”の値が”cancel”の場合、”result”には値が入りません。
システム工房エムのサイトへのリンク

住所〒690-0017 島根県松江市西津田3-2-3 TEL.0852-23-8590 FAX.0852-23-8591
Copyright 2008-2010 System Maker M,All right reserved