第3項. WebView機能について

WebView機能とは、Webkitでレンダリングされる画面を操作するためのクラスです。

 1. 現在の画面を更新させる

画面の更新をさせるには、WebView.refreshメソッドを使用します。

 

WebView.refresh

 

NativeTabbar機能を使用して、複数の画面がタブで表示されている場合は、以下のようにタブのインデックスを指定して画面を更新させることができます。

 

WebView.refresh(index)

 

indexには、更新したいタブのタブindex値を指定する必要があります。


 2. 指定したURLの画面を表示する

指定したURLの画面を表示するには、WebView.navigateメソッドを使用します。

 

WebView.navigate(url)

 

urlには、表示したい画面のURLを指定します。

NativeTabbar機能を使用して、複数の画面がタブで表示されている場合は、以下のようにタブのインデックスを指定して、画面を表示させることができます。

 

WebView.navigate(url, index)

 

indexには、新しい画面を表示したいタブのタブindex値を指定する必要があります。

 

 3. 画面を1つ戻る

画面を1つ戻すには、WebView.navigate_backメソッドを使用します。この機能をしようすると、端末に付随している戻るボタンとどうようの動きをします。

 

WebView.navigate_back

 

 4. 現在表示している画面のURLを取得する

現在表示している画面のURLを取得するには、WebView.current_locationメソッドを使用します。

 

WebView.current_location # => 現在表示している画面のURL

 

NativeTabbar機能を使用して、複数の画面がタブで表示されている場合は、以下のようにタブのインデックスを指定して、画面のURLを取得することができます。

 

WebView.current_location(url, index)

 

indexには、画面のURLを取得したいタブのタブindex値を指定する必要があります。

 

 5. コントローラからJavascriptを実行する

コントローラからJavascriptを実行するには、WebView.execute_jsメソッドを使用します。

 

# 表示している画面(erb)

function show_alert() {
        alert(“show alert”);
}

# コントローラ側
WebView.execute_js(“show_alert()”) # => show_alertファンクションが実行される。

 

NativeTabbar機能を使用して、複数の画面がタブで表示されている場合は、以下のようにタブのインデックスを指定して、Javascriptの実行をすることができます。

 

WebView.execute_js(javascript_func, index)

 

indexには、Javascriptを実行したいタブのタブindex値を指定する必要があります。

タブ使用時に現在表示している画面のタブindexを取得する
NativeTabbar機能を使用しているときに、現在表示しているタブのタブインデックスを取得する方法を説明する。タブインデックスを取得するには、WebView.actriv_tabメソッドを使用します。


 6. 表示している画面をフルスクリーン表示させる

表示している画面をフルスクリーン表示をさせるには、WebView.full_screen_modeメソッドを使用します。

 

WebView.full_screen_mode(enable) # => 表示画面をフルスクリーンにするもしくは、フルスクリーンを解除する

 

enableには、0もしくは1の値を設定する。

 

  • ● 0 ・フルスクリーンモードを解除する
  • ● 1 ・フルスクリーンモードにする

  7. 指定したURLへのクッキーの設定を行う

指定したURLへのクッキーの設定を行うには、WebView.set_cookieメソッドを使用します。

 

WebView.set_cookie(url, cookie)


urlには、クッキーの設定をしたいURLを指定します。
cookieには、設定するクッキーの値を設定します。クッキーの値は、”{名前}={値}”の形で設定する必要があります。クッキーの値を複数設定するには、値をカンマ区切りで設定するひつようがあります。

システム工房エムのサイトへのリンク

住所〒690-0017 島根県松江市西津田3-2-3 TEL.0852-23-8590 FAX.0852-23-8591
Copyright 2008-2010 System Maker M,All right reserved