第1項. 多言語対応機能について

多言語対応機能の使用方法を説明をする。多言語対応機能を使用するためには、build.ymlを以下のように追記する必要があります。

 

extensions: [“rholang”]

 

 1. 多言語化機能の使用方法について

多言語化機能の使用方法を説明する。
多言語化用のファイルは/app/lang/フォルダに作成する。作成するファイル名は、lang_{言語ID}_{国ID}.rbもしくは、lang_{言語ID}.rbとする。
記述方法は以下のようにする。

 

# /app/lang/lang_ja.rb - 多言語用ファイル


Module Localization
  Views = {
    :hello => “こんにちは”
    :good_evening => ...
  }
end

 

# /app/Example/index.erb ・呼び出し側



<p><%= Localization::Views[:hello] %></p>

 

 2. 使用する言語を変更する

使用する言語を指定するには、System::set_localeメソッドを使用する。

 

System::set_locale(lang_id)

 

lang_idには、使用する言語を設定する

システム工房エムのサイトへのリンク

住所〒690-0017 島根県松江市西津田3-2-3 TEL.0852-23-8590 FAX.0852-23-8591
Copyright 2008-2010 System Maker M,All right reserved