第12項. タイマー機能

タイマー機能を使用する方法を説明する。タイマー機能では、指定した時間後に、アクションを呼び出すことができる。

 1. タイマーを使用する

タイマー機能を使用するには、Rho::Timer.startメソッドを使用する。

 

Rho::Timer.start(interval_milliseconds, callback_url, callback_data)

 

interval_millisecondsには、計る時間を設定する。
callback_urlはinterval_millisecondesに指定した秒数を経過した後に呼ばれるコールバック先を設定する。
callback_dataはコールバック先に渡したいパラメータを指定します。

タイマーを停止するには、Rho::Timer.stopメソッドを使用します。

 

Rho::Timer.stop(callback_url)

 

callback_urlには、タイマーを停止させたあとに呼ばれるコールバック先を設定する。

システム工房エムのサイトへのリンク

住所〒690-0017 島根県松江市西津田3-2-3 TEL.0852-23-8590 FAX.0852-23-8591
Copyright 2008-2010 System Maker M,All right reserved