第5項. カメラ機能

端末のカメラを利用する機能の説明をする。
カメラ機能を使用するためには、build.ymlに以下を追記する必要があります。

 

capabilities:
  - camera

 

 1. 写真の撮影を行う

写真の撮影処理を行うには、Camera::take_pictureメソッドを使用する。

 

Camera::take_picture(callback_url, options)

  • callback_url - 画像を撮影処理を行ったときにコールバックするアクションを指定する。

optionsに指定ができる値

  • ・“camera_type” ・使用するカメラの種類を選択する。以下の選択が可能です。
  • ・“main” ・本体の後ろについているカメラ。デフォルトではこちらが選択されている。
  • ・“front“ - 本体の全面(画面側)についているカメラ
  • ・“desired_width” - 画面の横幅を指定する。デフォルトでは最大値が入る。
  • ・“desired_height” - 画面の縦幅を指定する。デフォルトでは最大値が入る。
  • ・“color_model” - 撮影する色モードを選択する。以下の選択が可能です。
  • ・“RGB” - 色有りカメラ
  • ・“Grayscale” - 白黒カメラ
  • ・“format” ・撮影した画像の保存形式を選択する。以下の選択が可能です。
  • ・“jpg” ・jpg形式。デフォルトではこちらが選択される。
  • ・“png” - PNG形式。
  • ・“enable_editing” - trueを指定すると、画像が画面のサイズに縮小されてキャプチャされます。(iOSのみ指定可能)
  • ・“flash_mode” ・カメラのフラッシュの種類を選択できます。以下の選択が可能です(Androidのみ指定可能)。
  • ・“on” - オン
  • ・“off” - オフ
  • ・“auto” - オート
  • ・“red-eye” - 赤目軽減
  • ・“torch” - トーチライト

 

コールバック後のアクションで送られるパラメータ

  •  ● “status” - 撮影処理(take_pictureメソッド)の実行結果を返す。返す値は以下が返ります。
    • ・“ok” - 成功
    • ・“cancel” - キャンセル
    • ・“error”  - エラー発生
  • ● “message” - statusに”error”が返ってきたときに、エラーメッセージが入ります。(Android, iOSのみ使用可)
  • ● “image_uri” - 写真の保存されたパスを返します。
  • ● “image_width” - 写真の横幅を返します。(Android, iOSのみ使用可)
  • ● “image_height” - 写真の縦幅を返します。(Android, iOSのみ使用可)
  • ● “image_format” - 写真のファイル種類を返します。返す値は”png”,”jpg”のいずれかとなります。(Android, iOSのみ使用可)

 2. カメラの情報を取得する

カメラの情報を取得するには、Camera::get_camera_infoメソッドを使用します。

 

Camera::get_camera_info(camera_type)


camera_typeには、カメラの種類を引数として渡す必要があります。カメラの種類として渡せる値は以下になります。

  • ● “main” - 本体の後ろについているカメラ。
  • ● “front” - 本体の全面(画面側)についているカメラ

 

 3. 撮影済の写真を選択する

撮影済で、端末に保存されている写真を選択することができます。写真の選択を行うには、Camera::choose_pictureメソッドを使用します。

 

Camera::choose_picture(callback_url)

 

  • ● callback_url - 画像の選択後にコールバックするアクションを指定する。
  • ●コールバック後のアクションには、以下のパラメータが送られる。
  • ● “status” - 撮影処理(take_pictureメソッド)の実行結果を返す。返す値は以下が返ります。
    • ・“ok” - 成功
    • ・“cancel” - キャンセル
    • ・“error”  - エラー発生
  • ● “message” - statusに”error”が返ってきたときに、エラーメッセージが入ります。(Android, iOSのみ使用可)
  • ● “image_uri” - 写真の保存されたパスを返します。
システム工房エムのサイトへのリンク

住所〒690-0017 島根県松江市西津田3-2-3 TEL.0852-23-8590 FAX.0852-23-8591
Copyright 2008-2010 System Maker M,All right reserved